クレジットカードで重要な事

クレジットカードの引き落とし日に残高不足だとどうなるの?

投稿日:

クレジットカードの支払日(引き落とし日)を、確実に覚えておくという事は非常に重要な事です。

クレジットカードの締め日はいつ?支払日は?

この支払日を忘れていると、とんでもない事になる事も有ります。そして支払日に口座の残高が足りないとどうなってしまうのでしょうか?

今回はクレジットカードの支払日に遅れてしまった場合は、どうなってしまうのかという事について書いてみます。

スポンサーリンク

クレジットカードの支払日に口座に残高が無いとどうなる?

クレジットカード 残高不足

クレジットカードの支払日に、引き落としが出来ない。これはつまり残高不足によって支払いが出来ないという事です。残高が足りていないと当然引き落としは、出来ません。

このような状況は、誰にも起こりうる状況です。では実際に引き落としが出来ないとどうなってしまうのでしょうか。

こんな時に、頭によぎるのは以下の事では無いでしょうか?

クレジットカードを利用停止されてしまうのではないか

万が一、支払いに遅れてしまったらそう思うはずです。実際に過去に私も引き落とし日に残高がなく、利用停止に怯えた事が有ります。

ですが安心して下さい。そんなにすぐに利用停止になる事はありません。

支払日に遅れてもクレジットカードは利用停止にならない?

支払日に遅れても、すぐに利用停止になる事は有りません。ただし誤解が有るといけないのですが、あくまですぐに対応すれば利用停止にはならないという事です。

すぐに対応するというのは、クレジットカード発行会社にすぐに電話連絡をするという事です。この方法が一番効き目が有ります。そしてカード会社の方から受けた指示を確実にこなし、当日中に入金もしくは支払いをしましょう。

通常はカード会社にもよりますが、自動的に再引き落としの通知が有って引き落としは行われるのですが、これも契約しているクレジットカード会社によって様々です。ですから、先に自分からカード会社に連絡しておくのが礼儀とも言えるでしょうし、カードの利用を今後も続けていく為に必要な事です。

1日でも遅れると延滞になるのか?

これもカード会社によって違うようですが、たった1日の延滞でも個人信用情報機関に登録されてしまう場合も有るようです。会社によっては、登録しないでくれる優しい会社も有るようです。

ただ基本的に延滞は延滞ですので、自己責任ですから、個人信用情報機関に登録をされてしまっても仕方はありません。

くれぐれも延滞しない様に気をつける事が、一番大事です。延滞の日数が延びれば延びるほど状況は悪くなります。当たり前の事ですよね。

どうしても気になる場合は、個人信用情報機関の情報開示の請求(有料)をしてみると、どのような状態になっているかが分かります。

引き落とし日の当日入金には注意する

延滞しない様に気をつけるのは大前提なのですが、仕事の都合や個人の都合で、どうしても引き落とし口座への入金が遅くなってしまう事が有ります。

しかし最低でも前日(引き落とし日が土日祝であれば前営業日)の銀行の営業時間内に入金しておく事が大事です。

引き落としのタイミングが、引き落とし当日のどの時間になるかは金融機関によりますので、最低でも前営業日(出来れば営業時間内)に入金しておくのが安全です。

当日入金は、引き落としされない可能性が高いですので、かなり危険です。引き落としが10日なので10日に入金すれば良い。という考えはやめておきましょう。

何度も延滞を繰り返すとカードの強制解約も有り得る

ここまで書いてきたように、たった一日、たった一度の延滞ではカードの利用停止は起こらないであろうという事は分かりました。(もちろんカード会社にすぐに連絡する事、そしてすぐに入金もしくは支払いをする事が前提です。)

しかし何度も延滞を繰り返す、そしてすぐにカード会社に連絡を入れるなどという行為を行わずに何日も放置してしまうという事をしていると、確実に利用停止になるでしょうし、最悪は強制解約も有り得るでしょう。

このようになると状況は最悪で、個人信用情報機関に延滞や解約の事故情報として情報が掲載されてしまうでしょうから、以後のカードの申込みや現在利用している他社のクレジットカードの更新にも影響を及ぼすでしょう。まさに最悪の状態と言える訳です。

まとめ

クレジットカードを末永く利用していく為に、最も重要な事は今回の記事で書いた「支払日に確実に支払いをする」という事です。

これはルールですので、守らない方が悪くなるのは当たり前の事です。

しかし人間が行う事ですので、支払日に入金するのを忘れていたという事も有り得るのも、また事実です。そのような時には、誠意を持って早めに対応する事が大事です。カード会社の社員の方も、そのような行動に対して、誠意有る対応をしてくださります。

もちろん、これは今までに延滞をしていない事が前提で、しょっちゅう延滞をしている方や、長期の延滞をしているかたは、もうどうしようもないでしょう。

やはりクレジットカードを利用するには、マナーとルールを守って利用するべきですね。今回の記事が参考になれば幸いです。

クレジットカードの審査に重要な個人信用情報機関とは一体何なのか?

スポンサーリンク

-クレジットカードで重要な事

Copyright© クレジットカードの神様 , 2020 AllRights Reserved.