クレジットカードの基本知識

クレジットカードの家族カードとは?誰がどうすれば持つ事が出来るの?

投稿日:

クレジットカードに入会する際に気になるのは、年会費がどの位かという事と並んで、入会資格なのではないでしょうか?

入会する際に年齢は何歳か、どの程度の収入が有って、どの程度の勤続年数が有るのかなどは凄く重要です。

このような事は、本会員でクレジットカードを検討している方にとっては非常に重要な事です。しかし家族会員であれば、本会員がクレジットカードを持っていれば比較的簡単に、クレジットカードを持てるというメリットが有ります。

今回は、クレジットカードの家族会員(家族カード)とはどのようなものかを紹介してみましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードの家族カードとは?持つ為にはどうすれば良いの?

家族カード

まずは家族カードとは一体どのようなカードかという事から説明していきましょう。

家族カードとは、本会員(継続して安定的な収入を得ている方)のご家族の方であれば、主婦の方や学生の方であってもクレジットカードを持てるというシステムです。

基本的な考え方として、18歳以上の方(高校生を除く)で本会員と生計を共にするご家族であれば家族会員となって家族カードを利用する事が可能です。この生計を共にする家族というのは、配偶者や子供や親などとされています。

つまりお父さんが本会員であれば奥さんや、大学生や専門学校生の息子、娘さん、そして18歳以上で社会人の方であれば家族カードを持つ事が出来ます。

なぜ家族カードが良いのか?

ではなぜ一人一人が本会員とならずに家族カードを持つのが良いのでしょうか?

家族カードは審査がほとんど無い

一番のメリットとしては、審査がほとんど無いという事です。これは本会員が審査に通ってクレジットカードを利用しているという事の信用から、家族カード会員の審査がほぼ無くなるという事です。(一部有る場合も有るようです。)

これは非常にメリットではないでしょうか?例えば専業主婦の方は、家族カードであればクレジットカードを自分名義で持てる可能性が高いですが、本会員としてクレジットカードの審査を受けると落ちてしまう事が非常に多いです。

専業主婦の場合は、ご自分でお金を稼いでいる訳ではないので本会員となると、なかなかクレジットカードの審査には通らないのですが、家族カードであればほとんど審査は無いので簡単に発行してもらえるという事になる訳です。

年会費が無料になったり安くなったりする

年会費無料のクレカではともかくとしても、ゴールドカードや年会費が有料のクレカの場合は、どうしても年会費の負担というのが気になります。

しかし家族カードであれば、年会費有料のクレカであっても本会員は有料でも、家族カードは無料になったり又は本会員よりも随分と低い年会費となったりもします。これも非常にメリットだと言えるでしょう。

その他のメリット

その他にも家族カードにはメリットが沢山有ります。

支払い口座をまとめれる

家族ですので奥さんや子供さんが利用した分も本会員である父親が支払いをする、もちろん明細書やWEBから明細はカードごとに確認する事が出来ますので、使いすぎなどは防ぐ事が出来ますし、本会員がコントロールする事も可能でしょう。

カードによっては支払い口座を分ける事も出来ます。

ポイントの一元管理

ポイントの一元管理についても、実際に引き落としされる本会員の方が全ての利用分のポイントを管理し、自分のカードのポイントとして一元的にコントロールする事で、マイルに交換したり商品に交換したりといった際にやりやすくなります。

付帯サービスは本会員と基本的には同等

付帯サービスや付帯保険も基本的に本会員と同様に受ける事が出来ます。(金額などが多少下がる場合も有ります。)年会費の負担や、審査がほぼ無い事を考えると、これは非常にお得だと言えるでしょうね。

まとめ

クレジットカードの家族カードには数多くのメリットが有ります。

デメリットと言えば特に思いつきませんが、多少本会員よりも貰えるポイントや付帯サービス内容が劣る場合が有る事くらいです。

その他には特にデメリットが!というほどの大袈裟なデメリットは有りませんので、使いすぎなければ家族カードというのはサービスを受ける側からすれば、非常に嬉しいサービスです。

まだご家族が本会員でいるのに、家族カードを申込みしていないという方は家族カードを1度使ってみると、その便利さに驚くかもしれませんね!

なぜクレジットカードが必要なのか?自分が何に使いたいのかを知る必要が有る

スポンサーリンク

-クレジットカードの基本知識

Copyright© クレジットカードの神様 , 2019 AllRights Reserved.