クレジットカードで重要な事

海外のホテルに宿泊する際にはクレジットカードを用意しておこう

投稿日:

海外に行くと、必ず現地のホテルに宿泊する事になります。

一流のホテル、普通のホテル、ドミトリーの様な多人数で宿泊するタイプなど様々な宿泊施設が有りますが、現地でチェックインする際に必ずといって良いほどやらなくてはいけない事が有ります。

ドミトリーなどの安宿などではしなくても良い場合が有りますが、クレジットカードをフロントで提示する事がほぼ必須となっています。

今回は、なぜ海外のホテルではクレジットカードを提示しなくてはいけないのかという事について書いてみます。

スポンサーリンク

海外のホテルではクレジットカードを提示しないといけない!なぜ?

海外 ホテル クレジットカード

海外のホテルに到着すると、まずはチェックインをする訳ですが、この際にデポジットを払う必要が有ります。

デポジットは、国やホテルによっても違いますが宿泊料金の数分の一から、宿泊料金より多く預ける場合も有ります。デポジットとは、支払い保険金とよばれるもので安全の為に(ホテル側の)一旦預かられるお金の事を言います。

日本のホテルでは基本的にデポジットという概念が有りませんので、海外に旅行に行った際に、このデポジットを急に求められた際に、慌ててしまう事も有るでしょう。

しかも現金の持ち合わせが無かった場合には、非常に困ってしまいます。ホテルにまずチェックインしようと考えていたら、持ち合わせの現地通貨が足りずに、両替をしてからチェックインをしなくてはならなくなったという事も有り得る話しです。

クレジットカードが有ればデポジットは必要無い?

デポジットを求められる際に、クレジットカードを提示するとどうなるのでしょうか?

この場合は現金は必要無く、クレジットカードをフロントのスタッフに渡す事でチェックインする事が可能です。もちろんホテル側は客室の有料の飲み物や、食事などを利用した際には、クレジットカードに請求をしてくるのですが、その際にも最初に提示しているので勝手に精算されます。

とうぜんチェックアウト時に、ホテルの宿泊代金以外に何も料金が発生しなければ、クレジットカードはデポジットの代わりに提示したというだけで何も料金は発生しません。ホテル代金は基本的には、事前にオンライン決済しる事がほとんどだと思いますしね。

現金をデポジットで預けてしまうと、そもそも海外に来る際に持ってきた現金が少ないと、チェックアウト時まで現金を拘束されてしまうので、非常に困るといった状況になります。

例えば友人と一緒に宿泊しているので、友人のクレジットカードを使って2人分行うなどというのは、ホテル側から断られる可能性も有りますし、トラブルの元にもなるのでやめておいたほうが良いでしょう。

クレジットカードは身分証のようなもの

日本では身分証明証を、見せる事はあってもクレジットカードを提示する事は少ないです。これは日本は現金主義という考え方が一般的な為ですが、海外では現金よりもクレジットカードを提示する機会は多いので、持っておく方が無難です。

実際にレジで支払いをしている方も、クレジットカードで支払っている場合が多いですし、何よりもスムーズです。特に外貨を豊富に持っていない場合は、クレジットカードで支払いした方がいざという時の為の現金や、現金しか使えないショップで使いたい時にとっておく事が出来ますよね。

海外にいく際には、VISAやMasterなどの使い勝手の良い国際ブランドのクレジットカードを1枚は最低でも持っておくと、非常に助かりますし、旅行自体をスムーズに行う事が出来る事は間違いありません。

クレジットカードの海外旅行保険の自動付帯や利用付帯とは?

スポンサーリンク

-クレジットカードで重要な事

Copyright© クレジットカードの神様 , 2019 AllRights Reserved.