クレジットカードで重要な事 ポイントを貯める

コンビニで現金払いは損?クレカ、電子マネー払いは何で得なの?

投稿日:

今や日常生活に欠かせないコンビニですが、皆さんどのコンビニを利用されていますか?

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルK、サンクスなど様々なコンビニが有りますが、現金以外にも支払い方法が有ります。

現金以外にも支払い方法は有るのは知っているんだけど、具体的にどうすれば良いのか分からない。という方も結構多いのではないでしょうか。

コンビニで現金で払うと損なの?クレジットカードや電子マネーの良さとは

現金で支払うというのは、昔から当たり前の方法だったので誰もがついつい現金で払ってしまいがちです。

しかしコンビニで現金を使うなんて、凄まじく損をしているとも言えます。なぜならコンビニでは、クレジットカードや電子マネーでも支払いが出来るからです。

その理由を今回は書いてみようと思います。

コンビニではクレジットカードや電子マネーを使う方が断然得をする

非常に基本的な事ですが、現金で支払うと何もポイントは付きませんし、コンビニでは現金で支払うと還元!みたいな事はほとんどやっておりません。

つまり現金で支払ったからといって、そのまま商品を現金と引き換えると商品が手に入るだけです。

ポイントカードを利用すると、現金払いでもポイントが貯まりますので、最低限ポイントを貯めている方はいると思います。このように現金でもポイントは付きますが、ポイントカードに貯めるだけになってしまいます。

ただし、各社それぞれポイントについては違いますので気をつける必要が有ります。以下に書き出してみます。

セブンイレブン nanaco 100円=1ポイント
ローソン Ponta 100円=1ポイント
ファミリーマート Tポイント 200円=1ポイント
サークルK・サンクス 楽天ポイントカード 100円=1ポイント

この中で、nanacoは電子マネーとしてチャージする事によって、利用時にポイントが付きます。pontaやTポイント、楽天ポイントカードは提示するとポイントが貯まります。

ここまで見てみると「なんだ現金で支払ってもポイントカード出せばポイント貯まるじゃん!」という事です。ですが、実はもっと良い方法が有るのです。

クレジットカードや電子マネーでの支払いでポイントを二重取り

現金で支払う場合には、ポイントカードにしかポイントが貯まりません。しかし電子マネーや、クレジットカードで支払う事によって、ポイントの二重取りが可能になります。

ファミリーマートのTポイントの場合

まずは、ファミリーマートのTポイントですが、Tポイント貯める場合は、クレジットカードで支払ってTカードを提示しても良いですし、Tカードを提示して電子マネーのWAONで支払いをしても良いです。

この場合は、両方共のパターンで、ポイントはTカードにも、クレジットカードやWAONにもポイントが貯まりますので二重取りが出来るという訳です。

更にイオンカードセレクトを利用してWAONのオートチャージを利用すれば、WAONポイントを200円ごとに1ポイント貰えますので、よくイオンを利用する方は、イオンカードセレクトを利用する事でファミリーマートでの買い物で三重取りする事も可能になります。


セブンイレブンのnanacoの場合

次にセブンイレブンのnanacoです。nanacoの場合は、nanacoチャージとnanaco支払いで二重取りする事が可能です。この場合は、まずnanacoにクレジットカードからチャージをする必要が有りますが、この際にチャージポイントが付くクレジットカードを選択する事が重要になります。

リクルートカードは、nanacoへのチャージもポイントになりますので、お勧めのnanacoチャージ用カードです。

nanacoにチャージする事で、ポイントをゲットし、nanacoを利用する事で又ポイントをゲットする!これがリクルートカードでは出来るのです。ちなみに楽天カードもnanacoチャージでポイントを貯める事が可能なのですが、カードブランドがJCBの場合だけですので、注意が必要です。リクルートカードは、JCB、VISA共にnanacoへのチャージポイントが貯まります。

ローソンのPontaの場合

ローソンのPontaの場合は、三重取りをする事が出来ます。

この方法にも、リクルートカードを利用します。まずリクルートカードのVISAブランドのカードは、楽天Edyへのチャージでポイントが貯まります。この時点でポイントゲットです。

次に、ローソンの店頭で、Pontaカードを提示します。この時点でもポイントをゲット出来ます。100円で1ポイントですね。そしてこの際に、楽天Edyを利用して支払いをします。

  1. 楽天Edyにリクルートカードでチャージ
  2. Pontaカードをローソンで支払い時に提示
  3. 楽天Edyで支払い

これで三重取りが可能となります。三重取りが非常に簡単に行う事が出来ました。

サークルK・サンクスの楽天ポイントカードの場合

サークルKやサンクスでは、楽天ポイントカードにポイントを貯める事が可能です。

ここでも、リクルートカード(VISAブランド)や楽天カードを利用する事によって、まずは楽天Edyにチャージを行います。この時点でポイントが貯まります。

実際に、サークルKやサンクスで買い物をする際には、楽天ポイントカードを提示して、楽天Edyで支払いをします。

これだけでポイントの三重取りが可能になります。

コンビニをよく利用する方は、確実に利用したい方法です。

まとめ

今回の記事では、コンビニでお得にポイントを貯める方法を書きました。

クレジットカードと電子マネーを組み合わせる事で、爆発的にポイントを貯める事が出来るようになるという事が分かったと思います。

中でも年会費無料のクレジットカードを所有して、電子マネーにチャージする事でチャージポイントを手に入れるというのは大事な事です。

リクルートカードと楽天カードは、抑えておきたい年会費無料のカードです。リクルートカードはポイント還元率1,2%ですので、一押しのカードです。

よく利用するコンビニのポイントカードは、必ず持っておいて支払い時に提示する様にしましょうね。

リクルートカード

楽天カード

リクルートカードはどんなカード?ポイントの還元率が高いの?

スポンサーリンク

-クレジットカードで重要な事, ポイントを貯める

Copyright© クレジットカードの神様 , 2020 AllRights Reserved.