個人信用情報機関とは

クレジットカードの審査に重要な個人信用情報機関とは一体何なのか?

投稿日:

クレジットカードの審査がどのように行われるかという事は、以前の記事で書きました。

クレジットカードの審査はどのように行われるの?

審査の流れは上記リンクをご覧頂ければ、大体分かるのですが、ここでも触れている個人信用情報機関というのが、一体どういうものなのかを今回は書いてみたいと思います。

なぜクレジットカードの審査に、こんなにも個人信用情報機関が重視されるのか?知らないとあまり分からない事ですが、知ると頷ける様な事が沢山有るのです。

スポンサーリンク

個人信用情報機関とはどのようなもの?

個人信用情報機関とは

まずは個人の信用情報というのが、どういうものかという事について触れなければなりません。

個人の信用情報とは、クレジットカードやローンなどの申込や支払いなどの情報の事をさします。いつクレジットカードに申し込んだ、ローンをいつ契約してどの位利用していたなどの情報ですね。

つまり個人の信用情報というのは、ほとんど全ての大人には有ると言っても過言ではない情報なのです。普段わざわざ調べないので、気にせずに生きていますが、非常に重要な情報です。

そして個人信用情報機関と言うのは、このような信用情報を扱い、クレジットカード発行会社に情報を提供する会社なのです。

CICやJICC等が有名な個人信用情報機関

最も有名な個人信用情報機関は、CICやJICCという会社です。

このCICやJICCには加盟している会社が多数有り、その加盟会社からデータを収集しています。当然クレジットカードの審査結果や、その後の支払いの遅延や、滞納などの情報は全てCICやJICCに登録される様になります。

これが一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、半年間は絶対に申込をしない方が良い。という理由です。

クレジットカードの審査に落ちたらどの位の期間あければ申込出来るの?

CICやJICCに加盟している、クレジットカード発行会社は、申込が有ると個人信用情報機関からその人の情報を手に入れるので、他のカード会社などで滞納していたり、申し込んで審査に落ちていると当然その情報を見る訳ですから、申込が有ったとしても否認してしまう訳です。つまり審査に落ちてしまうという事です。

これは普通に考えれば分かる事で、例えば貴方がA君にいう方に10万円貸してくれと頼まれた時に、別のB君という友人に相談したらB君から「実は僕もA君に10万円を貸しているんだけど、約束の期日を過ぎても返してくれない。」と言われたらどう思うでしょうか?当然貴方もA君には、お金を貸したくないと思うはずです。

少々違う話しにはなりましたが、個人信用情報機関は上の例の様な話しを、第三者の立場で公正に判断する組織という事になります。このような会社が存在する事で、クレジットカード発行会社は安心して、申込者の合否の判断を出来る様になるのです。

個人信用情報機関に悪い情報を登録されない為には?

ここまで読んで頂ければ、個人信用情報機関に記録が残っていくという事は分かって頂けたかと思います。

では自分に不利な情報が残らない様にするには、どうすれば良いのでしょうか?

月並みな言い方にはなりますが、これは過度なクレジットカードの申込を避け、絶対に引き落とし日に遅れない、そして一番やってはいけないのはクレジットカード発行会社からの連絡を無視したり、滞納する事です。

これをやってしまうとクレジットカードの解約になるばかりか、個人信用情報機関にも当然そのような悪い情報が記録されてしまいます。こうなると他のクレジットカードも危うくなりますし、以後の申込などに当然悪影響が有るのです。

個人信用情報機関という組織が有るという事を、頭においてクレジットカードの申込、そして利用をするようにしなければなりませんね。

クレジットカードの審査時の在籍確認って何?

スポンサーリンク

-個人信用情報機関とは

Copyright© クレジットカードの神様 , 2020 AllRights Reserved.