クレジットカードの基本知識

自動車税がクレジットカードで払える?ただし注意点も

投稿日:

毎年5月と言えば、自動車税の納付書が送られてくる月です。結構恐怖なんですよね、排気量の大きな車だと本当に驚くほどの金額です。

結構な金額を今まで、自動車税で支払ってきたと私自身も思うのですが、クレジットカード払いする事も出来るのです。

この自動車税というのは県税や都税ですので、お住まいの県などによってそれぞれ違うのですが、今回は日本で一番自動車を持っている人が多いであろう東京都で、自動車税を支払う場合に何を気をつければ良いのかを見ていきます。

スポンサーリンク

自動車税はクレジットカードで払える!ポイントが貯まるが注意も必要です

クレジットカード 自動車税

上の画像は東京都の、都税支払いのサイトです。自動車税はクレジットカードで支払う事が出来ます。

この都税クレジットカードお支払いサイトから、都税を支払う事が出来るのですが、もちろんこのサイトから自動車税の支払いも可能になっております・

自動車税の納付期限は5月31日です。まずは、この期日を守って支払いする事を覚えておきましょう。

都税クレジットカード支払いサイトで使えるクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners

いわゆる五大ブランドが全て使えます。つまりほとんどのクレジットカードが利用出来るという事ですので、死角はないといった感じです。お持ちのクレジットカードでもこれからのメインカードでも、どれでも支払う事が出来るでしょう。

都税支払いクレジットカードサイトでは、納付出来る金額は100万円までですが、自動車税は高くても10万円位までですので、全額をクレジットカードで支払う事が出来ますね。

クレジットカードで支払う事で税金の支払いでも、クレジットカードのポイントが付くというのは非常に有り難いです。是非ともクレジットカードで支払うべきでしょう。

決済手数料がかかるので注意が必要

クレジットカード支払いには手数料がかかりますので、あらかじめ知っておく方が良いです。

手数料の一覧はこちらです。

税額 支払い手数料
10,000円まで 税込み78円
20,000円まで 税込み157円
30,000円まで 税込み236円
40,000円まで 税込み315円
50,000円まで 税込み394円

50,000円以上は、税額が10,000円増えるごとに税抜き73円が加算されていきます。

なかなか支払い手数料が高いですね。クレジットカード支払いのポイント付与で、ペイ出来るのか微妙な金額です。

例えばリクルートカードですと、1,2%還元なので5万円の税額だと単純計算で600ポイントです。1ポイント1円に換算すると、実際の支払い手数料が394円ですのでペイはしていますね。

領収書は発行されませんので、クレジットカード会社から届く明細にて確認する必要が有ります。それと一番注意しないといけないのは次にあげる事項です。

車検が近い方は注意が必要、納税証明書の関係で

通常クレジットカード払いではない場合は、銀行の窓口やコンビニなどで自動車税を支払いますが、現金で支払うとその場で、金融機関やコンビニの収納印を押してくれた領収書(納税証明)を渡してくれます。

これを車検時に、車検証と一緒に提出しないと車検を受ける事が出来ません。

しかしクレジットカード払いの際には、納税証明書の発行までに約2週間かかるようです。例えば、5月10日にクレジットカード払いをした方が、15日までに車検を受けないといけない車を所有している場合は、クレジットカード払いはしない方が良いという事になります。

実際にはクレジットカードで支払いをしていても、納税証明書が無いので車検が受けれないという訳です。

少々面倒に感じてしまいますが、仕方ない事ですので、5月や6月に車検がある方は、ご自身の車検までの期間を確認しておきましょう。

リクルートカードはどんなカード?ポイントの還元率が高いの?

スポンサーリンク

-クレジットカードの基本知識

Copyright© クレジットカードの神様 , 2020 AllRights Reserved.