航空系のクレジットカード

航空系のクレジットカードにはどんな種類が有る?マイルが貯まるの?

投稿日:

ここ最近では、LCCの普及が著しくなった事で、今まで飛行機にほとんど乗らなかったという方も、飛行機に乗る機会が増えている事でしょう。

そんな時代に、1枚は航空系のクレジットカードを持っていたいと思う方も多く居ると思います。

では航空系のクレジットカードには、どのような種類が有って、どのようにマイルが貯まっていくのかを今回は検証してみようと思います。

航空系のクレジットカードは、自分の用途に合わせて選ぶのが大事!

まずは、日本の状況としては大きく航空会社と言えばJALかANAの2社になります。つまり、JALかANAのカードを所有するようになるのが基本です。

他にも、デルタ航空のクレジットカードがAMEXからも発行されていますので、デルタ航空によく乗る方や、デルタ航空も所属しているスカイチームというアライアンス(航空連合)の飛行機によく乗られる方はそちらの取得も良いと思います。

話しを戻しまして、JALとANAのカードですが、どのようなカードが有るのでしょうか?

JALカードの種類

JALカード 種類

まずはJALカードから見ていきましょう。JALカードと一口に言いましても様々な種類が有ります。

JALカードには普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードといったランクが有ります。このランクについては、大体の方が普通カードとゴールドカード、プラチナカードという事については分かると思います。

ではCLUB-Aというのは一体何なのでしょうか?このCLUB-Aカードというのは、JALカードの中での上級カードという位置づけです。普通カードよりも上のランクという事ですね。どの辺りがランクが上なのでしょうか?

CLUB-Aカードには様々な特典が有る

CLUB-Aカードの特徴としては、ボーナスマイルを普通カードより多く貰う事が出来ます。

ボーナスマイルには、入会搭乗マイルや毎年初回搭乗マイル、搭乗ごとのマイルが有ります。入会搭乗マイルとは、JALカードに入会した際にはじめてJALの運行便に搭乗した時に貰えるボーナスマイルです。

これが普通カードよりも断然多くなります、普通カードだと1,000マイルですが、CLUB-Aカードだと5,000マイル貰えます。

続いて、毎年初回搭乗マイルは、毎年カードを継続して使ってその年の初回の搭乗時に貰えるマイルです。これも普通カードは1,000マイルですが、CLUB-Aカードは2,000マイル貰う事が出来ます。

最後に搭乗ごとのボーナスマイルですが、普通カードだと区間マイルの10%貰えるのですが、CLUB-Aカードなら25%貰う事が出来ます。

このようにCLUB-Aカードを所有すれば、普通のJALカードより、沢山のマイルを集める事が出来ます。この他にも、CLUB-Aカードには複数の特典が有ります。つまりJALによく搭乗する方にとっては、普通カードよりもCLUB-Aカードを利用する方がメリットが多いと言えるでしょう。(もちろん個人個人でメリットは違います。)

更に、普通カードよりCLUB-Aカード、CLUB-AカードよりCLUB-Aゴールドカード、ゴールドカードよりプラチナカードの方が特典が多くなるのは言うまでも有りません。

ただ年会費も、上位のカードになるにつれて高くなりますので、この辺りは自分がどの位年間でJALの飛行機に搭乗するのかという事と照らし合わせて考える必要が有ります。

JALカードには、このような複数の種類のカードが有るという事が、分かってもらえたと思います。引き続きANAカードを紹介していきます。

もっと詳しい情報はJALカードの公式サイトをこちらより見て頂ければと思います。

JALカード

JALカード アメックスカード

ANAカードの種類

ANAカードにも、JALカードと同様にランクが有ります。

大きく分けて一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードの4種類です。

一般カードはJALカードの普通カードに相当し、ワイドカードがCLUB-Aカードに相当し、プレミアムカードがプラチナカードに相当すると考えると分かりやすいです。

JALカードと同様に、ワイドカードというのはANAカードの中で一般カードに対しての上位に値するカードですので、やはりそれなりの特典が有ります。

ANAに、頻繁に搭乗するのであれば最低でもワイドカード、もしくはワイドゴールドカードを取得しておきたい所です。私もANA VISAワイドゴールドカードを所有しています。

ANAに乗れば乗るほど、上位のカードは沢山のマイルを貯める事が出来ます。マイルを貯めるだけではなく、他にもANAを利用する事で特典を受ける事が出来ますので、一般カードよりは良いのですが、やはり年会費が一般カードよりも高額になります。

ANAカードの年会費

一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード
年会費(税込み) 2,160円 7,830円 15,120円

概ね、このようになっております。他にも年会費が違う設定のカードが有ったりプレミアムカードが有ったりしますが、分かりにくくなりますので省略しております。

一般カードよりもワイドカードは年会費が、5,000円ほど高く、ワイドゴールドカードは更に7,000円ほど高くなっています。

年会費の違いは、すなわち特典の違いとも言えるのが、クレジットカードでは通例となっていますので、使い勝手によってカードのランクを設定するのが重要です。

私の個人的な意見ですと、あまりANAには搭乗する機会が無いけど、普段の買い物でコツコツとマイルを貯めていつかは特典航空券が欲しいという方は一般カードを、よくANA便に搭乗する方はワイドカードやワイドゴールドを選択するのがお勧めです。

ANAカード

航空系のクレジットカードはJALかANAかで決めておけば良い

ここまで書いてきた様に、日本でLCC以外の航空会社に乗るとなると通常は大半の方がJALかANAの乗るはずです。海外によく行く方でも、JALやANAはよく利用するはずです。

海外の航空会社を利用するとしても、JALカードやANAカードで決済していけばJALかANAのマイルが貯まっていきますので、それはそれで別に良いという結果になります。

普段から、よく利用する航空会社のクレジットカードを取得する事で、マイルを沢山貯めれるので航空系のクレジットカードを1枚持っておく事をお勧めします。

ANAカード【年会費初年度無料★キャンぺーン実施中】

次の旅へ JALカード

三井住友VISAカードって憧れのクレジットカード?手に入れるには?

スポンサーリンク

-航空系のクレジットカード

Copyright© クレジットカードの神様 , 2020 AllRights Reserved.